2010年03月13日

【書籍】一目均衡表の研究・佐々木英信





相場分析の書籍の中で、均衡表は、まさに桁外れの存在である。
思えば均衡表の本を手に取ることがなかったならば、
現在の私はおそらくなかったであろう。

時間論からくる均衡表独特の「変化日」が、
相場の世界で共通語として語られ始めた。

欧米にもない独創的な均衡表の理論だけで、
相場分析の大半を可能とするだけに、多くの人たちが注目している。
(本書「はじめに」より)



posted by エフエックスルーム at 09:39| 投資家のための書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。